本文へスキップ

秋田市のアズ動物病院です。

電話でのお問い合わせはTEL.018-864-5550

〒010-0817 秋田市泉菅野1−2−26

自己紹介

院長:釜瀬 富太郎

 福岡生まれで、大阪育ち、大学からは東北暮らし。

その後、
松島水族館(宮城)、大森山動物園(秋田)で、

獣医師として約10年勤務。

短期間だが、犬猫・食品行政も経験。

その後、
東北、沖縄等の動物病院で約10年勤務。

その後、秋田市でアズ動物病院を開業。

 外科が出来る内科医を目指し、

動物園勤務時代に考えたコミュニケーション概念 
(動物園と動物と市民とのかけ渡し)を基本に、

動物たちと人との関係の橋渡しと、
健康な体と精神の健全な関係を築くには、
どうすれば良いのかを考え、診察していきますので、

よろしくお願いします。

 旅が好きで日本と海外14カ国を旅し、
特にオーストラリアでは3ヶ月間、自由旅をしました。

短期間ですが外国の動物園、水族館で研修もしました。
詳しくは、『あっちこっち雑記』を見てください。

 動物好きはかなり年季が入っています。

動物好きな先祖は、福岡の猫尾城の城主をしていて、
犬尾城、鷹尾城、兎城、鷲城など動物の名前の付いた城や
鹿子尾という地域を治めていました。



ちなみに、
先祖が治めていたところが、八女茶発祥の地ですが、
その茶を中国(明)から持ってきたのが、
秋田出身の栄林周瑞禅僧という人で、

秋田には昔から関係があるみたいです。

ちなみに、八女茶は、
以前は、鹿子尾茶と呼ばれていたそうです。


詳しくは『歴史の話』を見てください。



病院備品

エコー(体の中を超音波で見る機械)
FCR(レントゲンをデジタルで見る機械)
セルタック・フジドライケム(血液の状態を見る機械)
トノベット(眼圧を測定する機械)
インキュベーター
(細菌を培養し、一番効果ある抗菌剤を調べる為に利用する機械)
自動点滴装置(自動で点滴を入れる機械)
電子聴診器
(最新型の聴診器で、音響増幅機能と騒音低減機能がついて、
パソコンで心音が分析できる。)
オートクレーブ(手術器具を滅菌する機械)
超音波スケーラー(歯石を除去する機械)
マイクロエンジン(歯や骨を削る機械)
ドリル(骨折を整復する為のピンやネジを入れたり骨を切る機械)
ネブライザー(薬を霧状にして肺にまで薬を届かせる機械)
電気メス(手術する時に使用する機械)
ICU(酸素・温度などを管理する機械)
手術用モニター(手術時の体の状態を見る機械)
吸入麻酔器(手術時に麻酔をかける機械)
一般入院室(普通の入院舎)
隔離入院室(伝染病の子を隔離する施設)
などがあります。

尚、輸血やCT、高度な手術や治療が必要な場合は、
前に勤務していた仙台の動物病院
(CTとMRIがあり、輸血可能な健康な犬猫を多数飼育管理しています)や
青森の北里大学に依頼する事が可能です。



アズ動物病院アズ動物病院

〒010-0817
秋田市泉菅野1−2−26
TEL 018-864-5550
FAX 018-864-5550

inserted by FC2 system